HOME | SITEMAP 

貴重品の管理について

治安の良い場所になるべく旅行に行くようにはしますが、盗難の心配は避けて通れません。 海外で非常に多い盗難やひったくりは鞄を狙ってきます。ですので、鞄に貴重品や財布を入れておくのは非常に危ないです。
また、小型のスーツケースを持ち歩く人もいますが、注意をしていないと鞄ごと持っていかれてしまいます。 ヨーロッパでは、肩掛けバックを持っている人や、ハンドバックを開いて持っていく人はとても危険です。
リュックサックは前方で抱えて持ち運びましょう。
日本人は大金を持っていると思われていることも多いので、怪しいと感じたら、日本語で叫びましょう。十分に効果があります。

また、安価な宿泊をすると共同で宿泊をする事があります。眠る時でも、貴重品はしっかりと体に入れて、バックには、カギをかけて、チェーンをして眠ることをお奨めします。
バスで移動をする際にもしっかりと注意を払いましょう。南京錠は100円ショップで販売をされているものですと簡単に壊れてしまいますが、しっかりと管理をしていると思わせることで十分に効果があります。また、ホテルの宿泊の際に、きちんと部屋の掃除をしていないと泥棒は少しくらいものが無くなっても、ばれないのでは?と思います。 ですので、綺麗にしておきましょう。
何処へ行くにも、貴重品はしっかりと持って移動をすることをお奨めします。
安い宿では、ちょっとした隙に、ものが無くなることが良くありますので、注意をしてください。